ウィリアムヒルの日本での違法性について調べた!過去に逮捕者はいる?

ウィリアムヒルの違法性は? 違法性

 

ウィリアムヒルでスポーツベットやカジノをしたいと思ったときに、でも日本では違法になるんじゃないのかな?と不安に思いますよね。

そこで、日本でウィリアムヒルを使うときの違法性について詳しく調べてみました。

ウィリアムヒルでプレイすると日本で違法になる?

ウィリアムヒルでスポーツベッティングやオンラインカジノをすると違法になる?

ギャンブル、賭博と聞くと悪いイメージですよね。

日本で公営ギャンブル以外のギャンブルをすると捕まるでしょ!と思いませんか?

実際に、ニュースでもギャンブルで捕まったと報道されることがあります。

それは、胴元が日本であるという前提のもとになります。

国が認めていないのに勝手にギャンブルはしてはダメということなんです。

じゃあ、ウィリアムヒルでスポーツベッティングやカジノを行ったら捕まるのかというと。

今のところ[逮捕されない]という状況になっています。

日本では違法性がないというか、そもそもの法律がないということです。

日本での賭博罪にあたる法律は、胴元とギャンブルを行うプレイヤーの両方が罪としてそろっていないと捕まえることはできないようになっています。

ギャンブルで逮捕される人は日本にある胴元でプレイしていたという場合です。

ただ、過去には捕まったという事例もあるんです。ちなみにウィリアムヒルではありません。

スポーツベッティングやオンラインカジノをするなら、是非知っておいてほしい事柄です。

過去にオンラインカジノで逮捕者がでた?!

オンラインカジノは違法?

カジノ界隈では有名な事件としてスマートライブ事件があります。

摘発されたのは、海外のオンラインカジノのスマートライブカジノでプレイしていた日本人です。

日本の警察は、優秀なので確実に逮捕できるときに捕まえます。

しっかりと証拠を集めて摘発し、略式起訴になりました。

が、1人だけ起訴を不服として控訴しました。

その結果が、無罪になったのです。

したがって、胴元が捕まってないのに、プレイヤーだけ捕まるということはできないという結果になりました。

この判例がでたということは、海外のオンラインカジノやブックメーカーは日本人が使用しても逮捕できないという可能性が高いということと言えます。

実際に対応した弁護士についての記事を読みたいときはこちらです。

どういう点で、警察が摘発しようと思ったのかは、

・スマートライブカジノでは、日本人に使いやすい時間帯を設けていた。

・オンラインカジノのディーラーが日本人女性で日本語でチャットできた。

などの、日本人むけに特化したサービスを展開していたというところから逮捕を決めたのです。

そして、

SNSなどでプレイを行っている状況を見つけて人物を特定できたことから逮捕することにしたのです。

ただ、この無罪の判例で、これだけでは起訴できないということになりました。

今の状況では、たとえ起訴しても無罪になる結果がみえているからです。

一度、無罪になる判決がでたら二度目も同じ判決が出る可能性のほうが高いといえます。

プレイする側も、胴元が日本では無いことやむやみにSNSなどで盛り上がりすぎないということには注意したほうがよさそうです。

また、スポーツベッティングやオンラインカジノで遊ぶのは、どこでも良いわけではありません。

プレイ後に勝った分のお金をしっかりと出金できるか。

トラブルや疑問点を解消するときに、日本語で問い合わせることができるサービスがあるか、なども重要になります。

やはり、安全なブックメーカーやオンラインカジノを選ぶことが重要になります。

安全なブックメーカー&オンラインカジノの選び方

安全性の高いブックメーカーとは?

安全なブックメーカー&オンラインカジノを選ぶ条件として、まず運営している年月が長いものを選びます。

毎年沢山のギャンブル会社が設立されては無くなっていきます。

運営がしっかりしていないと長続きしないような難しい業界です。

その中でしっかりと実績を残して運営できているということは、信頼に値します。

もう一点、よく見てほしいマークがあります。

ギャンブルの会社を作るにはライセンスが必要になってきます。

様々なライセンスがありますが、信頼度がより高いものを選ぶことが必要。

信頼度が高いライセンスとは?

まず、まれにライセンスがないブックメーカーもありますが、そういったところは使用しないようにしましょう。

ライセンスを取るにあたって、十分なチェックをしているところを選びます。

  • イギリス領・ジブラルタル
  • マルタ共和国

どちらも取得が難しく、ライセンスに合格するのは、大手のブックメーカーが多いです。

特に、そのなかでも「マルタ共和国」は、マルタ政府がライセンスを発行するため信頼性が高いです。

そのほか、「オランダ領・キュラソー」などもありますが、「ジブラルタル」か「マルタ共和国」のものを選ぶようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました